商品有高帳

商品有高帳

この記事は「商品有高帳」について書かれています。

商品有高帳とは、商品の受け入れ、払い出しの明細を記録して残高等を明確に補助簿です。

 

 

 

解き方
商品を仕入れた時は受入高に個数と単価、金額を記入。商品を売上げた時は払出高に個数と単価、金額を記入する。
②①に伴って残高を書きこむ。

 

問題

 

次の資料を読み、先入先出法にて商品有高帳を完成させなさい。

また、商品有高帳を参考にして、売上原価の表も完成させなさい。

 

資料

5月10日 仕入 50個 @300円

  15日 売上 20個 @500円

  17日 仕入 30個 @350円

  22日 売上 70個 @600円

 

先入先出法

平成

3年

摘要

受入高

払出高

残高

数量

単価

金額

数量

単価

金額

数量

単価

金額

前月

繰越

20

200

4,000

 

 

 

20

200

4,000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

売上原価

月初商品棚卸高

 

当月商品仕入高

 

合計

 

月末商品棚卸高

 

売上原価

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え

 

先入先出法

平成

3年

 適用 

受入高

払出高

残高

数量

単価

金額

数量

単価

金額

数量

単価

金額

1

前月繰越

20

200

4,000

 

 

 

20

200

4,000

 

10

仕入

50

300

15,000

 

 

 

50

300

15,000

 

15

売上

 

 

 

20

200

4,000

50

300

15,000

 

17

仕入

30

350

10,500

 

 

 

50

300

15,000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30

350

10,500

 

22

売上

 

 

 

50

300

15,000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20

350

7,000

10

350

3,500

 

 

 

売上原価

月初商品棚卸高

4,000

当月商品仕入高

25,500

合計

29,500

月末商品棚卸高

3,500

売上原価

26,000

 

 

解説

 

 

商品有高帳について

 

前月繰越は、前の月の商品の繰越商品となります。

10日、商品を仕入れたため受入高に記入されます。数量50個、単価300個、合計が15000円となります。つまり、残高には前月繰越の商品(4000円)と10日に仕入れた商品(15000円)の2つが残高に残っていることになります。

 

15日、商品を売上げたため払出高に記入されます。数量20個、単価200個、合計が4000となります。今回は商品を売上げたため、残高は減少します。

先入先出法

平成

3年

 適用 

受入高

払出高

残高

数量

単価

金額

数量

単価

金額

数量

単価

金額

1

前月繰越

20

200

4,000

 

 

 

20

200

4,000

 

10

仕入

50

300

15,000

 

 

 

50

300

15,000

 

15

売上

 

 

 

20

200

4,000

50

300

15,000

 

17

仕入

30

350

10,500

 

 

 

50

300

15,000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30

350

10,500

 

22

売上

 

 

 

50

300

15,000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20

350

7,000

10

350

3,500

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解説

 

商品有高帳について

 

前月繰越は、前の月の商品の繰越商品となります。

10日、商品を仕入れたため受入高に記入されます。数量50個、単価300個、合計が15000円となります。つまり、残高には前月繰越の商品(4000円)と10日に仕入れた商品(15000円)の2つが残高に残っていることになります。

 

15日、商品を売上げたため払出高に記入されます。数量20個、単価200個、合計が4000となります。今回は商品を売上げたため、残高は減少します。

ここで一つ問題があります。残高には合計額が4000円の前月繰越商品と、10日に仕入れた商品のどちらが20個減少するのか?という問題です。

しかし、問題には「先入先出法で解きなさい」と書かれています。先入先出法とは「先に仕入れた商品を先に売上げなさい」という意味を表しています。

つまり、今回先に仕入れているのは前月繰越の20個、単価200円、合計4000円の商品を減少させるという事となります。

そこで残高は10日に仕入れた50個、単価300円、合計15000円となります。

 

17日、商品を仕入れたため受入高に記入されます。数量30個、単価350円、合計額は10500円となります。残高には10日の50個と今回の仕入高30個が記入されます。

 

22日、商品を売上げたため、払出高に記入されます。

今回70個売上げた事となっていますので、残高から減少される個数も70個になります。減少する70個中50個は15日と同様、先入先出法により10日に仕入れた単価300円の商品50個が減少されます。そして残りの20個は17日に仕入れた単価350円の商品が20個減少することとなり、残高に記入されるのは17日に仕入れた単価350円の商品が10個となります。

 

 

 

 

 

 

自分に合った学校を探そう


通学オススメ学校
授業はリアルで受けたい!学校に通学したいという方はこちら!!

通信オススメ学校
自分のペースで、ゆっくりじっくり勉強したいという方はこちら!!


タグ

2010年12月12日|

カテゴリー:商品有高帳, 簿記3級 推薦勉強項目