小口現金出納帳

小口現金出納帳

この記事は「小口現金出納帳」について書かれています。

現金の入出金の明細を取引順(日付順)に記録する補助簿の事を現金出納帳と説明しました。

小口現金出納帳とは、日常取引のうち事務用品(ノート、鉛筆、バス回数券、切手、ガス、お茶)など細々としたものを現金で購入する際などに使用するものと考えてください。

月初や月終などに、用途係にまとめて支払っておいて、用途係がそこから事務用品代金として支払っていくのです。

つまり、「月に一回や週に一回、用途係が会社から事務用品を買うためにお金をもらっている」と考えるといいでしょう。

問題を解いてみましょう。

問題

 

次の取引等を小口現金出納帳に記入しなさい。

 

3月 3日 切手代    8,000円

   5日 筆記用具代  6,500円

  10日 タクシー代 10,500円

  20日 電話代   23,000円

  31日 お茶代    3,500円

受 入

平 成

3 年

摘 要

支 払

内       訳

通信費

旅費交通

消耗品

雑費

8,000

前月繰越

 

 

 

 

 

47,000

 

本日補給

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合計

 

 

 

 

 

 

 

 

次月繰越

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前月繰越

 

 

 

 

 

 

 

本日補給

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え

 

受 入

平 成

3 年

摘 要

支 払

内       訳

通信費

旅費交通

消耗品

雑費

8,000

前月繰越

 

 

 

 

 

47,000

 

本日補給

 

 

 

 

 

 

 

切手代

8,000

8,000

 

 

 

 

 

筆記用具代

6,500

 

 

6,500

 

 

 

10

タクシー代

10,500

 

10,500

 

 

 

 

20

電話代

23,000

23,000

 

 

 

 

 

31

お茶代

3,500

 

 

 

3,500

 

 

 

合計

51,500

31,000

10,500

6,500

3,500

 

 

31

次月繰越

3,500

 

 

 

 

55,000

 

 

 

55,000

 

 

 

 

3,500

繰越

 

 

 

 

 

51,500

 

補給

 

 

 

 

 

 

 

解説

何に使ったかを取引から読み取り、日付、摘要、金額、内訳を書きこんでいく。

 

 

①3月3日は切手代、5日は筆記用具代、10日はタクシー代、20日は電話代、31日はお茶代。それぞれの内訳を考え、記入していく。

 

②合計額を出し、次月繰り越される(余ったお金)を次月繰越へ記入する。

 

③4月1日には、3月いっぱいで余ったお金を記入し、下の本日補給額で、※55,000円になるように補給額を記入する。

 

※  この会社では1カ月に使う事務費等が55,000円であると決められている。そのため、月初めに55,000円になるように補給するわけである。

自分に合った学校を探そう


通学オススメ学校
授業はリアルで受けたい!学校に通学したいという方はこちら!!

通信オススメ学校
自分のペースで、ゆっくりじっくり勉強したいという方はこちら!!


タグ

2010年12月12日|

カテゴリー:小口現金出納帳, 簿記3級 推薦勉強項目