借方・貸方

借方・貸方

借方・貸方


借方・貸方って何よ...?

 

簿記とは取引が発生すると、メモ(仕訳)を書きます。


そのメモを書く際に、財産の増減を+(プラス)、-(マイナス)で記す代わりに記入の位置を左右に分け、増減を区別します。


                     お金

              増加 (+)  /  減少 (-)
              ( 借方 ) /  ( 貸方 )

 


上図のように左側(借方)にお金が入ってくるもの(お金の増加)を記入し、右側(貸方)にお金が出ていく(お金の減少)を記入します。

 

また、増減の仕方にはルールが存在します。


① 資産の増加は借方、減少は貸方
② 負債の増加は貸方、減少は借方
③ 資本の増加は貸方、減少は借方
④ 収益があがった場合は貸方、収益が減った場合は借方
⑤ 費用があがった場合は借方、費用が減った場合は貸方

 

まぁ...たくさん書きましたが借方・貸方は...

 

もらうものは借方に書きましょう!

 

払うものは貸方に書きましょう!

 

というように覚えておきましょう。

 

ここを理解することが簿記を理解するという事といっても過言ではありません。

 

自分に合った学校を探そう


通学オススメ学校
授業はリアルで受けたい!学校に通学したいという方はこちら!!

通信オススメ学校
自分のペースで、ゆっくりじっくり勉強したいという方はこちら!!


タグ