引出金

引出金

この記事は仕訳を解く際に必要になる勘定科目「引出金」について書かれています。

引出金とは、店主が店のお金を使用に使った場合などに使用される勘定科目です。


引出金は、資産、負債、費用、収益のどれかに分類することはできません。

これは、評価勘定というものに分類されます。

そのため、増加したや減少したという理由で借方(左側)貸方(右側)にくるわけではありません。

 

さっそく問題を解いてみましょう。

 

 

問題

店主は、現金100,000円を使用のために引き出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

答え

引出金 100,000 / 現金 100,000

 

解説

使用のため、現金を引き出した仕訳である。

資産である現金勘定が減少したため、貸方(右側)に記入する。

引出金勘定は、借方(左側)が空いているため、それを埋めるために計上するというように考えてもいいでしょう。

 

自分に合った学校を探そう


通学オススメ学校
授業はリアルで受けたい!学校に通学したいという方はこちら!!

通信オススメ学校
自分のペースで、ゆっくりじっくり勉強したいという方はこちら!!


タグ

2010年11月23日|

カテゴリー:仕訳, 簿記3級 必須勉強項目