現金過不足

現金過不足

この記事は仕訳を解く際に必要になる勘定科目「現金過不足」について書かれています。

現金は正しく記帳していれば、帳簿残高(現金の出入をまとめたもの。現金の残高)と実際の有高(実際に持ってるお金)が一致します。

しかし、何かの手違いでこの二つに差が生じることがあります。

この差を一時的に埋めるため現金過不足勘定を使います。

 

 

さっそく問題を解いてみましょう。

 


問題

現金の帳簿(メモのまとめ)は23,000円、実際は20,000円であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え

現金過不足 3,000 / 現金 3,000

 

解説

現金過不足が生じている仕訳である。

この問題は実際に持っている現金が、メモより少ない場合である。

この場合「足りない分を一時的に現金で支払っている」と考える。

現金を支払っていると考えているため、資産勘定の現金が減少した。

現金が減少したということは、貸方(右側)に記入する。

その相手勘定科目として現金過不足を借方(左側)に記入する。

 

 

問題

かねてより、現金過不足3,000円は発送費であることが判明した。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え

発送費 3,000 / 現金過不足 3,000

 

解説

以前発生していた現金過不足の理由が発送費と判明したため、現金過不足勘定を抹消する仕訳である。

現金過不足勘定の理由が発送費である事が判明したため、費用勘定である発送費が増加した。

発送費が増加したということは、借方(左側)に記入する。

その相手勘定科目として現金過不足を貸方(右側)に記入する。

 


問題

現金の帳簿(メモのまとめ)は50,000円、実際は60,000円であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え

現金 10,000 / 現金過不足 10,000

 

解説

現金過不足が生じている仕訳である。

この問題は実際に持っている現金が、メモより多い場合である。

この場合「一時的に多い分の現金をもらった」と考える。

現金をもらったと考えているため、資産勘定の現金が増加した。

現金が増加したということは、借方(左側)に記入する。

その相手勘定科目として現金過不足を貸方(右側)に記入する。

 

 

問題

かねてより、現金過不足10,000円は売掛金の記帳漏れであることが判明した。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え

現金過不足 10,000 / 売掛金 10,000

 

解説

以前発生していた現金過不足の理由が売掛金と判明したため、現金過不足勘定を抹消する仕訳である。

現金過不足勘定の理由が売掛金の未記帳である事が判明したため、資産勘定である売掛金が増加した。

売掛金が増加したということは、貸方(右側)に記入する。

その相手勘定科目として現金過不足を借方(左側)に記入する。

 

 

自分に合った学校を探そう


通学オススメ学校
授業はリアルで受けたい!学校に通学したいという方はこちら!!

通信オススメ学校
自分のペースで、ゆっくりじっくり勉強したいという方はこちら!!


タグ

2010年11月20日|

カテゴリー:仕訳, 簿記3級 必須勉強項目