手形売却損

手形売却損

この記事は仕訳を解く際に必要になる勘定科目「手形売却益・手形売却損」について書かれています。

後々現金にかわる手形を満期日前に現金に換えてもらう事があります。これを手形の割引と言いますが

手形の割引料は、売却したこちら(当事者)側からすれば、「損」をしたということに他なりません。

この損を計上する際に、手形を売却した際に生じた損ということで、手形売却損と言います。

 

手形売却損が増えれば費用の増加、減れば費用の減少となります。別記事(借方・貸方の増減のルール)参照のこと

手形売却損が増えれば借方(左側)に記載し、減れば貸方(右側)に記載するというわけです。

 

 

ではでは、問題を解いてみましょう。

 

問題

A君はかねてより1,000,000円の手形の満期日前に現金化するため、銀行へ行き手形割引6,500円を差し引かれ、残りは現金で受け取った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え

現金    993,500 / 受取手形 1,000,000
手形売却損   6,500 /
 

解説

所持していた手形を売却し、手数料を差し引かれて現金を受け取った仕訳である。

売却代金は現金なので現金勘定が発生し、所持していた手形を売却したため受取手形勘定が発生した。

銀行に差し引かれた手形割引料は6,500円であるため、これはA君からすれば、「損」をしたということになる。

その損を計上するため、費用勘定である手形売却損が増加した。

手形売却損が増加したということは、借方(左側)に記入する。

 

自分に合った学校を探そう


通学オススメ学校
授業はリアルで受けたい!学校に通学したいという方はこちら!!

通信オススメ学校
自分のペースで、ゆっくりじっくり勉強したいという方はこちら!!


タグ

2010年11月20日|

カテゴリー:仕訳, 簿記3級 必須勉強項目