未収金・未払金

未収金・未払金

この記事は仕訳を解く際に必要になる勘定科目「未収金・未払金」について書かれています。

別記事で説明しておりますが、商品売買などで「つけ」とする場合は売掛金・買掛金勘定等で処理すると説明しましたが

それ以外での売買。すなわち備品や有価証券、建物、土地などの商品売買以外での「つけ」は未収金・未払金勘定で処理します。

未収金は未だに収集できていないお金。未払金は未だに払ってないお金というように考えてください。


未収金が増えれば資産の増加、減れば資産の減少となります。別記事(借方・貸方の増減のルール)参照のこと

未収金が増えれば借方(左側)に記載し、減れば貸方(右側)に記載するというわけです。


未払金が増えれば負債の増加、減れば負債の減少となります。別記事(借方・貸方の増減のルール)参照のこと

未払金が増えれば貸方(右側)に記載し、減れば借方(左側)に記載するというわけです。

 

 

さっそく問題を解いてみましょう。

 

問題

A君は有価証券を90,000円で購入し、190,000円で売却した。代金は後日受け取ることにした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え

未収金 190,000 / 有価証券     90,000
            / 有価証券売却益 100,000
       

解説

かねてより所有していた有価証券を売却し、その代金を後日受け取ることにした仕訳である。
 
有価証券は売却した為、資産である有価証券は減少した。有価証券の減少は、貸方(右側)に記入する。
 
受け取るべきお金は後日受け取ることとなるが、商品売買ではないため未収金勘定が発生する。

 

問題

A君は備品63,200円を購入したが、購入代金は後日支払うこととした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え

備品 63,200 / 未払金 63,200

 

解説

備品を購入したため、資産である備品勘定が増加した。備品が増加するということは借方(左側)に記入する。

代金は後日支払うこととなるが、商品売買ではないため未払金勘定が計上される。

 

自分に合った学校を探そう


通学オススメ学校
授業はリアルで受けたい!学校に通学したいという方はこちら!!

通信オススメ学校
自分のペースで、ゆっくりじっくり勉強したいという方はこちら!!


タグ

2010年11月23日|

カテゴリー:仕訳, 簿記3級 必須勉強項目