立替金

立替金

この記事は仕訳を解く際に必要になる勘定科目「立替金」について書かれています。

立替金とは本来は、こちら(当事者)が支払うべきものではないものを、代わりに支払ったりする場合に立替金勘定を使用します。

立替金が増えれば資産の増加、減れば資産の減少となります。別記事(借方・貸方の増減のルール)参照のこと

立替金が増えれば借方(左側)に記載し、減れば貸方(右側)に記載するというわけです。


 

さっそく問題を解いてみましょう。


問題

A君は商品300,000円を売上、代金は手形で受け取った。
この商品の発送費(相手負担)6,500円は現金で立替えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え

受取手形 300,000 / 売上 300,000
立替金    6,500 / 現金   6,500  


解説

商品を売上げ、その発送費を立替えた仕訳である。

商品を売上たため収益である売上勘定が発生し、その代金として手形を受け取ったため、受取手形勘定が発生する。

また、発送費は相手先負担であるにもかかわらず、こちらが現金を支払って立替えているため

資産である立替金勘定が増加した。立替金勘定が増加したということは、借方(左側)に記入する

自分に合った学校を探そう


通学オススメ学校
授業はリアルで受けたい!学校に通学したいという方はこちら!!

通信オススメ学校
自分のペースで、ゆっくりじっくり勉強したいという方はこちら!!


タグ

2010年11月23日|

カテゴリー:仕訳, 簿記3級 必須勉強項目