当座借越

当座借越

この記事は仕訳を解く際に必要になる勘定科目「当座貸越」について書かれています。

当座借越とは商品等を仕入れ、代金を支払う際に、銀行に預けてるお金の底が尽き

 

当座預金勘定で支払いができなくなった時に、銀行が代金を一時的に支払ってくれる際に

使用する勘定科目です。

 

これが増えれば負債の増加、減れば負債の減少となります。別記事(借方・貸方の増減のルール)参照のこと

当座借越が増えれば貸方に記載し、減れば借方に記載するというわけです。

 

 

さっそく問題を解いてみましょう。

 

問題

A君は商品を1,000,000円を仕入れ、代金は小切手で支払った。

しかし、当座預金の残高は800,000円であったが借越限度額1,000,000円の当座借越契約を銀行と結んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え

仕入 1,000,000 / 当座預金 800,000

                当座貸越 200,000

 

解説

品物を仕入れたため、仕入勘定が発生する。

当座預金勘定の残額が800,000円あるため、その預金をすべて使った。

足りない分は銀行が200,000円支払ってくれた。

つまり、当座貸越という負債の勘定が増加したという事になる。

負債が増加するということは貸方(右側)に記入する。

 

 

問題

A君は、以前より銀行に支払ってもらっていた200,000円の当座借越を現金によって支払った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え

当座借越 200,000 / 現金 200,000

 

解説

かねてより銀行に支払ってもらっていた当座借越分を現金によって支払った仕訳である。

当座借越は負債勘定である。その負債勘定である当座借越が減少した。

負債が減少したということは借方(左側)に記入する。

 

 

自分に合った学校を探そう


通学オススメ学校
授業はリアルで受けたい!学校に通学したいという方はこちら!!

通信オススメ学校
自分のペースで、ゆっくりじっくり勉強したいという方はこちら!!


タグ

2010年11月16日|

カテゴリー:仕訳, 簿記3級 必須勉強項目