貸倒引当金

貸倒引当金

この記事は決算整理事項の「貸倒引当金」について書かれています。

決算整理事項の貸倒引当金の問題を解く際に「差額補充法」と「戻入法」の2つの方法があります。

差額補充法

試算表に貸倒引当金勘定が計上されている場合、その分を今回の貸倒引当金勘定から差し引いて仕分けをします。

 

問題

試算表に貸倒引当金勘定が2,000円計上されている。

売上債権(受取手形+売掛金)の残額は200,000円である。貸倒引当金は3%、差額補充法で計上すること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え

貸倒引当金繰入 4000/貸倒引当金 4000

解説

今回の貸倒引当金額

200,000 × 3% =6,000

しかし、貸倒引当金勘定が試算表に2000円計上されている。

    

    ↓

6000(貸倒引当金)-2000(試算表計上額)=4000(貸倒引当金繰入額)

戻入法

この戻入法は試算表に計上されている貸倒引当金を一度「0」に戻し入れる方法のことです。そのため、戻し入れた貸倒引当金は収益に計上され、今回計算された貸倒引当金が計上される。

問題

試算表に貸倒引当金勘定が2,000円計上されている。

売上債権(受取手形+売掛金)の残額は200,000円である。貸倒引当金は3%、戻入法で計上すること。

答え

貸倒引当金   2000/貸倒引当金戻入 2000

貸倒引当金繰入 6000/貸倒引当金   6000

解説

試算表に計上されている貸倒引当金は収益に計上されるため、貸方(右側)に貸倒引当金戻入勘定として計上される。

新しい貸倒引当金勘定は差額補充法とは異なり、既に戻し入れられているため貸倒引当金をそのまま6000円で計上する。

報告書への記載の仕方

貸借対照表の貸倒引当金の記載場所は、売上債権(受取手形や売掛金)の下に記載します。

その差引額で記載します。

損益計算書には貸倒引当金繰入勘定を費用の記載箇所に掲載します。

貸倒引当金戻入がある場合は、収益の記載箇所に掲載します。


自分に合った学校を探そう


通学オススメ学校
授業はリアルで受けたい!学校に通学したいという方はこちら!!

通信オススメ学校
自分のペースで、ゆっくりじっくり勉強したいという方はこちら!!


タグ