腎臓病の食事は日頃の生活習慣を見直すことが最強!

カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を具材として使うのであれば、小さめに切って水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、使用する食品の種類や調理の際の形状・水量・所要時間により相違します。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、搾るようにすると、より多く除去できます。食事をして摂り入れ立たんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓でろ過され、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓に悪影響を出します。正常な腎機能であるために、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、全く摂らないワケにはいけません。人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質に関しては分解する事で7~8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、腎臓に負担を与えてしまいます。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、1日分で現すと30~40g程になります。CKD治療の柱は薬物治療と食事療法になり、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢におこなうことが大事です。減塩と蛋白制限が食事療法の要となり、減塩食は高血圧において治療をしやすくし、一方、蛋白制限食は腎機能の悪化を防ぐ効果が認められています。減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、日本人が平均的に摂る塩分・蛋白の量と比較するとだいたい半分になるために、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、栄養が足りないなどという意見で、実施困難な方を多く見うけます。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、メニューについてのアイデアや、さらに食塩の軽減対策などを指導します。主要な低たんぱく食事療法は、治療用特殊食品の使用が要となりますから、それに必要な紹介や説明もしていきます。患者さんが実際にどれくらいのたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、体内へのたんぱく質や食塩の摂取量を理解することができます。腎臓病に罹患した方の増加が、近年問題になっています。背中に二つ存在する腎臓で尿が創られ機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、その他、電解質の安定を保ったり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の調整を行ったり、赤血球を創り出したり、私立ちの体のために重要な役割を担っています。当然ながら、腎臓についての治療は病院を訪ねて薬を飲んだり注射をしたりすることが大事ですが、それ以前に、日頃の食生活習慣を見直すことが大事です。現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。もし標準体重が60kgくらいであれば、おおよその蛋白摂取量は1日50g程度になります。食品のたんぱく質含有量についても食品標準成分表で確認できます。食事療法については、栄養士に教えてもらいながら自分なりのアイデアを取り入れることも可能です。仮に開業医さんに食事指導をうけ付けて貰えなかったら、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介してもらい、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多くふくまれており、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにしましょう。甘いものには意外にたんぱく質が多く入っているのです。オヤツには小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、たんぱく質をとりすぎてしまう可能性があります。例を挙げますと、ドーナツ1つ当たりには卵1個相当のたんぱく質がふくまれているワケです。慢性腎臓病に関しては、腎臓の機能が明りょうに改善することは少ないので、機能の一つであるカリウムの排泄能力が衰退していくことが多く、カリウムの摂取と排泄のバランスを維持するために、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。濃縮加工した野菜ジュースは、生野菜や素のままの果物にくらべて大概はカリウム含有量が非常に高いです。その影響で、腎機能が低下している患者さんが、普段からよく野菜ジュースを飲んでいると、さらに危険性のある高カリウム血症に陥る可能性が出てきます。腎臓病時の食事療法の大元の趣旨は、腎臓病を極力進行指せない事と、健康体のキープとされます。透析が必要無い保存期の間は、食事療法次第で腎不全の進行をスローペースにし、結果として透析の導入時期を遅らせられます。更に言えば、透析開始後も、できる限り健康体で透析をする為に、食事療法は非常に重要な治療法です。引用:腎臓病 食事 宅配 口コミ