腎臓病や糖尿病の食事は宅配に限る!

お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。甘い味付けの食べ物には思ったより多くのたんぱく質が入っていたりします。お菓子は製造過程で小豆や牛乳・卵が使用されているので、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。例えば、ショートケーキひとつには卵1個に近いたんぱく質が含有されています。CKD治療の主なものは薬物治療と食事療法で、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。そのための食事療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、高血圧治療を容易にするには減塩食がふさわしく、一方、蛋白制限食は腎機能の悪化を防ぐ効果が認められています。CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日がふさわしいとされていますが、日本人が平均的に摂る塩分・蛋白の量と比較するとだいたい半分になるために、蛋白制限食は美味しくない、栄養が足りないなどという意見で、実行に移せない方がたくさんいます。人体に必要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺に居座り続けることはありませんが、たんぱく質の場合分離されれば7~8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、少なからず腎臓に負担が出ます。この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があります。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日分で現すと30~40g程になります。もっとも適切な蛋白摂取量は、標準体重で約0.8g/kgです。もし標準体重が60kgくらいであれば、蛋白摂取量は、一日におおよそ50g必要となります。それぞれの食品に含まれる蛋白量を確認したければ食品標準成分表で探してみて参考にするとよいでしょう。蛋白量に関する食事療法については、栄養士の指導で具体的に応用した食事を作ることも可能です。開業医さんの中には食事指導が難しい場合もあるので、腎臓内科のある近隣の病院を紹介してもらい、その上で、専門的な意見を頂いてもよいかと思います。近年、腎臓の働きが悪くなる方が増加し問題となっています。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を作り体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、電解質のバランスを整えたり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を生成したり、これらの機能は我々の体にとってとても大事です。腎臓病治療は当然病院で相応の対処も必要ですが、それ以前に、日頃の食生活習慣を見直すことが大事です。カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。茹でた場合に除去できるカリウム量は、食品の分類や調理を実行する際の形状・水の量・処理時間によっても異なります。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、加えて搾る作業を行う事で、カリウムは減らしていけます。腎臓病の中でも慢性腎臓病に関しては、腎機能の改善が望めず、徐々にカリウム排泄能力が低下していくことが多く、カリウムの摂取と排泄のバランスを維持するために、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。濃縮加工した野菜ジュースは、加工していない生の野菜や果物よりもカリウム含有量は極めて高いものが多いです。そういった理由も含めて、もし腎機能が健康でない患者さんが、いつも野菜ジュースを飲んでいると、さらに危険性のある高カリウム血症に陥る可能性が出てきます。食事を元にして得たたんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓にもたらす負担が増加します。腎機能を損なわないためにも、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、不足しないように補給する必要があります。日々の食事ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、具体的な献立の工夫や、さらに食塩の軽減対策などを指導します。主要な低たんぱく食事療法は、治療用特殊食品の使用が要となりますから、その治療用特殊食品を紹介したり使用法なども教えます。具体的に患者さんがどのくらいのたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、体内へのたんぱく質や食塩の摂取量を理解することができます。腎臓病の食事療法の目的は、腎臓病の進行ペースを遅くさせる事と、良好な体調の存続です。透析が必要無い保存期の間は、食事療法次第で腎不全の急激な悪化を食い止められ、透析を要する時期を極力遅くできます。実際に透析が必要となってからも、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、食事療法は重要視されます。管理人のお世話になってるサイト⇒糖尿病病食事宅配